ネイルテーブル・チェアーを選ぶ時のポイント

ネイルサロンを開業するにあたり、ネイルテーブルやチェアー選びにお困りだという方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、ネイルテーブルとチェアー選びのポイントをご紹介致します。

収納力をチェック

収納力をチェック

施術する際、UVライトを使用することもあるかと思います。施術スペースを広くとりたい場合は、UVライトを収納できるスペースがあるテーブルがおすすめです。

その際、簡単に取り出せるかどうかもチェックしておくと安心です。天板下にスペースがあるタイプのテーブルであれば、お客様の荷物や飲み物を置くスペースとしても活用することができます。

奥行きは45cmが一般的

楽な姿勢で施術をするには、お客様との距離を考えてテーブルを選ぶことも大切です。テーブルの奥行きは商品によっても異なりますが、45cmが一般的です。

お客様が肘掛け経由で手を伸ばすことを考え、高さが調節できるものや、施術が手を固定して作業できるかどうかも考えながらテーブルを選びましょう。

施術者にはスツール系チェアー

施術者にはスツール系チェアー

施術者に最適なチェアーは、スツール系チェアーです。スツール系チェアーは高さの調節が可能で、キャスタ−で移動したり椅子が回転したりと、お客様の手を動かすことなく施術ができます。

腰への負担を軽減させたいとお考えなら、背もたれがあるタイプや座面が大きめなタイプなどもおすすめです。

お客様には座り心地の良いチェアーを!

お客様には座り心地の良いチェアーを!

お客様に施術中リラックスしていただくためには、座り心地の良いチェアーがおすすめです。
例えば、電動ネイルチェアーは多くのネイルサロンで人気のチェアーで、お客様に楽な姿勢で施術を受けてもらうことができます。

他にも、ソファ型チェアーは革製の生地なら汚れてもサッと拭き取ることができ、柔らかいクッションがゆったりとした座り心地を演出してくれます。

美容機器をお探しなら当社をご利用ください。当社は中古美容機器の販売サイトです。ネイルテーブルとチェアーはもちろん、理容椅子やドレッサー、促進器、シャンプーボールなど、様々な美容機器を販売しています。

リペアー販売をモットーに、要らなくなった美容機器の買取も行っております。買取った機器はもう一度使えるよう細部まで整備し、サイトにて販売致します。

高価査定、即現金化可能、見積り・相談無料で対応致しますので、美容機器の買取を検討している方もお気軽にお問い合わせください。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

お問合せ
提携会社募集
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
レザー張替カラー見本

サイトマップ

理容室・美容室で不要になった機器・器具の買取依頼は是非当店へ。見積無料・出張買取無料・現金買取致します。

お電話での買取相談は0120-2233-47まで!理容・美容機器のことならなんなりとお申しつけください!もちろんご購入のご相談も承ります!

新商品のご案内

『マイクロミスト』
『Yume(ユメ)』専用スツール付
『EXCELA(エクセラ)』
『RSオアシス+下部ユニット2台付』
『ODIS2(オーディス2)』
『ローラーボール供
『NRS OTO(オト)』
『ローラーボールスタンド式』
『NRS OTO(オト)』
『わくわく21スタンド式』
『METRO(メトロ)』
『レオンHRM』
『わくわく21スタンド式』
『OVE800(オーヴ800)』
『レオンHRM』
『クレセントスタンド式』
『ロンシャン』
『レオン クライス』
『クレセントスタンド式』
『nagi(ナギ)』10脚
『ツインズAクライス』
『ローラーボールスタンド式』
『ツインズAクライス』
『ツインズAクライス』
『ローラーボールスタンド式』
『手動リクライニング椅子CR303』

Mobile Shop
QR

RSS

ATOM